検索エンジン : マーケティング


検索エンジンについてもメモ。

検索エンジンは機能別に大きく2種類に分けることができます。

検索エンジンの種類

大手検索サイトの多くは2種類の検索サービスを提供しています。

  • サイトの検索(カテゴリー検索/ディレクトリ検索)
  • ページの検索

利用する検索エンジンの種類は次の通りです。

  • サイトの検索(カテゴリー検索) ⇒ ディレクトリ型検索エンジン
  • ページの検索 ⇒ ロボット型検索エンジン

ディレクトリー型検索エンジン

サイト単位でカテゴリー化されたデータベースを持ち、ホームページの登録は“エディタ”や“サーファー”と呼ばれる人たちの手作業で行なわれます。

人間の審査を通過したサイトのみ登録されるためホームページの質が良いとされています。

※最も有名なディレクトリ(カテゴリ)にYahoo! Japan カテゴリがあります。
※中小のディレクトリー型の中には申請されたサイトは自動で登録するものもあります。

ロボット型検索エンジン

データ収集用のロボットが自動でインターネット上を巡回してページを収集し、ページ単位でデータベースに登録していきます。

ロボットによる自動収集なので膨大なページを収集できます。

クローラー

ロボット型検索エンジンのデーター収集のためにインターネット上を巡回しているプログラム。

クロール

クローラーがインターネット上を巡回すること。

現在ではYahoo! Japan,Googleともに検索結果には『ページの検索』の結果が表示されます。よってSEOは,ロボット型検索エンジンで上位に表示されることが重要です。

インデックスの基本

GoogleやYahoo! Japanなどの大手検索エンジンに,自分が公開したサイトを認識してもらう必要があります。

検索エンジンが認識していないサイトは、検索結果に表示されません。“検索エンジンがサイト※1を検索対象に含めることをサイトをインデックスする”といいます。

本記事では“サイト”という言葉を使いますが正確にはページです。検索エンジンはページ単位で処理していきます。

GoogleやYahoo! Japanなどの大手検索エンジンは,既にインデックス済みのサイトのリンクをたどり,まだインデックスしていないサイトを発見してインデックスします。

GoogleやYahoo! Japanなどの大手検索エンジンにインデックスには、“既にインデックスされているサイトから、リンクをしてもらう”ことです。

サイトの登録

インデックス済みのサイトから被リンクを得ても,
リンク元のサイトを,次に検索エンジンがいつ訪れるかは分かりません。そこでGoogleやYahoo! Japanなどの検索エンジンは,サイトの存在を報告する方法として“サイトの登録”を用意しています。※1

※1 : “サイトの登録”は検索エンジンがインデックスすることを保証するわけではありません。Googleは被リンクが1つもないサイトからの“サイトの登録”があってもインデックスしません(MSNは被リンクがなくても“サイトの登録”をすれば,インデックスされます)。いずれにせよ、“サイトの登録”は無料なので実行しておくことをお勧めします。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。