SEM実践法 : マーケティング


SEM(検索エンジンマーケティング)の方法論はたくさんあります。本記事ではSEMの中のキーワード広告に関してPCDAサイクルに沿った実践法を考えます。

PDCAサイクルはマーケティング理論の一つでplan(計画)⇒do(行動)⇒Check(検証)⇒act(改善)の一連のサイクルを表します。

plan(計画)

キーワード広告では,どのようなキーワードに需要がどの程度あるのかを予想する必要があります。キーワードにまったく需要がない場合,その商品またはサービスはキーワード広告に向かない可能性があります。需要予測は非常に難しいですが,検索キーワードの需要はある程度調べることができます。

»キーワードの需要調査 : マーケティング

また広告戦略では費用対効果を常に意識する必要があります。
»利益を重視する必要性 : マーケティング

do(行動)

PDCAサイクルはその名の通りplan(計画)→do(実行)→check(検証)→act(改善)を繰り返します。最初から完全を目指すのではなく実行しながらよりベストな状況へ改善していく必要があります。キーワード広告で大きくGoogle AdwordsとYahoo! Japanリスティング(旧オーバーチュア)があります。

check(検証)

オーバーチュア,Google AdWordsに関わらず,キーワード広告では必ず検証が必要です。広告効果の測定が比較的容易な点がキーワード広告の優れた特徴の一つです。オーバーチュア,Google AdWordsともに管理画面でコンバージョン※1の測定や高度なアクセス解析が可能です。

»ウェブ広告の効果測定 : マーケティング

※1:購入,問合せ,登録,資料請求などサイトの収益(目的)につながるアクションを行なったサイト訪問をコンバージョンと呼びます。

act(改善)

キーワード広告は効果の分析機能に優れています。言い換えると改善点を見つけやすい広告といえます。check(検証)データをもとにキーワード広告の戦略を見直していきます。

SEMの最も重要な点は現在の効果ではなく,現状から常に改善していく姿勢かもしれません。数年Webマーケティングを行なってきて最近とくにその思いを強くしています。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。