Fireworks MX 2004を使った写真補正 : Fireworks


Fireworks MX 2004の代表的な画像補正のメモ。

レベル補正

レベル補正はFireworks MX 2004の代表的な画像補正方法。

レベル補正とは

レベル補正の目的は、入力階調を出力階調まで広げ、ダイナミックレンジを拡大することにある*

入力階調を出力階調に広げることで白はより白く、黒はより黒くなる。そのいっぽう、諧調飛びと呼ばれる状況が起こる。バランスを見て行なうことが大切。

レベル補正は赤(R),緑(G),青(B)の各チャンネルごとに行うことができまる。RGBを選択すると全てのチャンネルに同じ処理が行われる。

トーンカーブ

トーンカーブははFireworks MX 2004の代表的な画像補正方法。

トーンカーブとは

トーンカーブは1次関数で表される。入力値の諧調(X軸)を出力値の諧調(Y軸)に対応させる。諧調は入力値(X軸),出力値(Y軸)ともに原点が0を表し、それぞれ、軸の端が255を表す。

代表的なトーンカーブの例

凸型

トーンカーブの45度線を持ち上げると、入力値に対する出力値の諧調が増加するので画像は全体的に明るくなる。

凹型

へこませると入力値に対する出力値の諧調が小さくなるので画像全体は暗くなる。

トーンカーブ補正は赤(R),緑(G),青(B)の各チャンネルごとに行うことができまる。RGBを選択すると全てのチャンネルに同じ処理が行われる。

*Fireworksは色を光の三原則(RGB:Red,Green,Blue)で表現します。Red,Green,Blueの各々をチャンネルとよびます。

クイックマスク

Fireworks MX 2004はPhotoshopのようなクイックマスク機能を持っています。

Fireworks MX 2004のクイックマスクがPhotoshopのそれと異なる点は、Fireworksのクイックマスク機能はマスクされた部分を削除することはできません*。ブラシツールでマスクする部分を追加することはできます。

*Photoshopは消しゴムツールを使うことによりマスク部分を削除することができます。

Fireworksを使った写真補正の実例

Fireworksを使用して写真を補正する。

オリジナル写真

携帯のカメラで撮影した画像です(352×288)。

補正写真

レベル補正

レベル補正で入力レベル15⇒出力レベル0へ補正します。

トーンカーブ

トーンカーブでチャンネルRGBを選びS字カーブの補正処理を行ないました(コントラストをはっきりさせます)。

レベル補正とトーンカーブ

レベル補正とトーンカーブを同時に適用して補正しました。

まとめ

レベル補正でシャドウ部分の諧調を広げ,トーンカーブでコントラストを高めました。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。