Fireworks MX 2004のマーキーツール : Fireworks


Fireworks MX 2004のマーキーツールのメモ。

マーキーツール

Fireworks MX 2004でビットマップの一部を領域選択するツールをマーキーツール※1と呼びます。

※1:マーキーツールはビットマップ専用ツールです。

マーキーツールで選択された領域に対して切り抜き,コピー,塗りつぶしなどの加工処理をすることができます※2

※2:マーキーツールに関わらず、ビットマップツールによる処理は直接ビットマップを処理するため、一度ファイルを保存すると元に戻すことができません。

マーキーツールの種類

Fireworksにはそれぞれ特徴のある5種類のマーキーツールがあります。

  • マーキーツール
    • 矩形マーキーツール
    • 楕円マーキーツール
  • 多角形選択ツール
    • 多角形選択ツール
    • なげなわツール
  • 自動選択ツール

マーキーツールの基本操作

選択領域の移動

マーキーツールで選択した領域はドラッグにより移動することができます。

選択領域のビットマップの移動

マーキーツールで選択した領域を[Ctrlキー+ドラッグ]するとビットマップ※1を移動することができます。

※1:前述しましたが、Ctrlと同時にドラッグしない場合は選択領域のみの移動になり、選択されたビットマップは移動しません。

ビットマップの切り抜き

マーキーツールにより選択された領域に対して、ビットマップの切り抜きを行うと選択領域を含む最小の矩形により切り取られます※1

※1:キャンパスサイズは変更しません。

ビットマップの切り抜き

マーキーツールにより選択された領域に対して、ドキュメントの切り抜きを行うと選択領域を含む最小の矩形に切り取られます。※1

※1ビットマップの切り抜きとは違いキャンパスサイズは変更が変更されます。

コピーして新規ビットマップにする

マーキーツールにより選択された領域に対して、コピーして新規ビットマップにするを行うと選択領域のビットマップが新規ビットマップとしてコピーされます※1

※1:元のビットマップに変化はありません。

カットして新規ビットマップにする

マーキーツールにより選択された領域に対して、カットして新規ビットマップにするを行うと選択領域のビットマップが新規ビットマップとして切り取られます※1

※1:コピーの場合と異なり、元のビットマップは選択領域が切り取られています。

選択領域の塗りつぶし

マーキーツールで選択したビットマップ領域をバケツツールで塗りつぶすことができます。バケツツールのプロパティインスペクタの選択範囲を塗るにチェックを入れると選択領域すべてが塗りつぶされます。チェックしない場合選択する色の許容範囲により塗りつぶしの範囲を調整できます※1

※1:選択する色の許容範囲に255を指定することは、選択範囲を塗るにチェックを入れるのと同じ効果を持ちます。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。