変数 : PHP


PHPの変数の覚書。

PHPは大きく分けて3種類の変数がある。

  1. スーバーグローバル変数
  2. グローバル変数
  3. ローカル変数

変数のスコープ

変数の有効範囲をスコープと呼ぶ。
変数のスコープがグローバルとは、変数の有効範囲がスクリプト全体、つまりスクリプトのどこからでも変数を参照できることを指す。

変数のスコープがローカルとは、その変数を宣言した関数の中からのみ参照できることを指す。

PHPでは関数の外で宣言された変数はグローバルスコープを持ちグローバル変数と呼ばれる。また関数ないで宣言された変数はローカルスコープを持ちローカル変数と呼ばれる。

スーパーグローバル変数

PHPであらかじめ定義されたグローバル変数。

変数 意味
$GLOBALS グローバル変数
$_SERVER サーバー変数
$_ENV 環境変数
$_COOKIE HTTPクッキー
$_GET HTTP GET変数
$_POST HTTP POST変数
$_FILES HTTP ファイルアップロード変数
$_SESSION セッション変数

グローバル変数

ユーザーによって関数の外で宣言された変数。

※グローバル変数は通常関数のなかから参照することはできない。関数内からグローバル変数を参照するにはglobal宣言または$_GLOBALS変数を使う。

$var_global = "GLOBAL";
function f(){
	print($var_global); // エラー発生
}

function f() {
	global $var_global;
	print($var_global); // GLOBALが表示
}

function f(){
	print($_GLOBALS['$var_global'])); // GLOBALが表示
}

※Javascriptではグローバル変数を関数内から参照できる。

ローカル変数

関数の中で宣言された変数。変数のスコープは関数内つまりローカルスコープ

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。