NULL : PHP


NULLの覚書。

NULL : PHP(公式マニュアル)から引用。

特別なNULL値は、ある変数が値を持たないことを表す。NULLは、NULL型の唯一の値。
ある変数がNULLとなる条件

  1. 定数 NULL が代入されている場合。
  2. 何らかの値が代入されていない場合。
  3. unset()されている場合。

NULLの分類

上述のようにNULLになる条件はいくつかあるが、NULLを『厳密なNULL』、『未設定値』、『未定義値』と便宜上分けることによりNULLの理解を深める。

厳密なNULL

明示的にNULLを設定した値を『厳密なNULL』と呼ぶ。

例) $var = NULL; print($var); print(getType($var));

エラーは発生せず、getType関数ではNULLが返る。

未設定値

変数を宣言しただけで値が代入されていないものを『未設定値』と呼ぶ。

例) $var; print($var); print(getType($var));

Notice: Undefined variable: var in C:\…….. on line N というエラーが表示。
getType関数ではNULLが返る。

未定義値

変数の宣言もしていないものを『未定義値』と呼ぶ。

例) print($var);print(getType($var));

Notice: Undefined variable: var in C:\…….. on line N というエラーが表示
getType関数ではNULLが返る。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。