検索キーワードの需要調査 : マーケティング


マーケティングは対象とするサービス·商品に対する需要の調査から始まります。一般に需要を正確に把握することは困難です。しかし検索キーワードの需要は調べる方法がいくつかあります。

オーバーチュア キーワードアドバイスツール
Yahoo! JapanやWindows Live サーチなどの検索エンジンで採用されているキーワード広告のサービス会社です。キーワードがYahoo! JapanやWindows Live サーチで月間にどの程度検索されるかを知ることができます。
キーワードアドバイスツールはサポート終了され,2007年4月分のデータ更新を最後に,データの更新が行われなくなりました。2007年4月のデータは現在も利用できます。
Google AdWords キーワードツール
Google AdWordsはGoogleが提供するキーワード広告です。キーワードが月間でGoogleにどの程度検索されえるの目安を知ることができます。
楽天キーワードランキング
楽天市場の売れ筋のキーワードを調べることができます。
キーワードアドバイスツールプラス
目的のキーワードが、別のどのようなキーワードと共に検索されたかを調べることができます。

キーワードの需要はキーワード有効指数(KEI)による分析方法もあります。詳しくはキーワード有効指数(KEI)を参考にしてください。

キーワード有効指数(KEI:Keyword Effectiveness Index)

キーワードの選定はSEOにおいて非常に大事です。どのキーワードに対してSEO対策を行うかによりサイトの収益は大きく違ってきます。

キーワード選定の1つの指標としてキーワード有効指数(KEI:Keyword Effectiveness Index)があります。KEIは検索におけるキーワードの需要と供給を比較してそのキーワードの有望性を評価します。

KEI = 検索数の2乗(需要)/検索結果(供給)

KEIの値が高いほど有望になります。KEIを算出するにはキーワードの検索数と検索結果を知る必要があります。色々な指標が考えられますが,次の指標が利用しやすいと思います。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。