Flashの表示に関する覚書 : Flash


Flashの表示に関する覚書です。

基本的な流れ


2009.01.20 追記 本記事で記載している方法の場合、Vista IE7で不具合が発生するのでSWFObjectを使った表示に変更。

»SWFObject : Flash

Flash表示位置にJavaScriptのdocument.writeメソッドによりobjectタグ表示コードを書き出す。

ヘッダ部分のコード

function writeObjectTag() {
	document.write('<object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000" codebase="http://fpdownload.adobe.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=9,0,0,0" height="●●●" width="●●●">n');
	document.write('<param name="movie" value="flash/indexmovie.swf"></param>n');
	document.write('<param name="movie" value="●●●.swf"></param>n');
	document.write('<param name="play" value="trueまたはno"></param>n');
	document.write('<param name="loop" value="trueまたはno"></param>n');
	document.write('<param name="quality" value="hight"></param>n');
	document.write('<embed src="●●●.swf" play="trueまたはno" loop="trueまたはno" quality="high" type="application/x-shockwave-flash" height="●●●" width="●●●"></embed>n');
	document.write('</object>n');
}

bodyのflash表示のコード

<script type="text/javascript">writeObjectTag();</script>
<noscript>
	<object data="flash/indexmovie.swf" type="application/x-shockwave-flash" width="●●●" height="●●●">
		<param name="movie" value="●●●.swf"></param>
		<param name="play" value="trueまたはno"></param>
		<param name="loop" value="rueまたはno"></param>
		<param name="quality" value="hight"></param>
	</object>
</noscript>

Flash表示に関する覚書

1) embedはXHTMLにおいて非推奨だが、objectによるflash表示に対応していないブラウザがあるためobjectとembedと併用する。

2) objectタグは色々なメディアを表示する汎用的なタグなのでclsidやcodebaseを用いてflashであることを指定する。


classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000"
codebase="http://fpdownload.adobe.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=9,0,0,0"

clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000はswfファイルであることを示す固定値。
swflash.cab#version=9,0,0,0はオプション。バージョンの識別が不要な場合は省略可。
»Adobe Flash CS3

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。