オーサリングによるマスクの基礎 : Flash


Flashのオーサリングを使ったマスクの覚書(Flash MX 2004)。

マスクする側

オーサリングを使ったマスクレイヤーの作成方法は2通りある。

  1. レイヤーを[右クリックメニュー]して、マスクを選択。
  2. レイヤーを[右クリックメニュー]→[プロパティ]→[レイヤーのプロパティ]で、マスクを選択。

(1)と(2)の違いは、(1)は直下のレイヤー(のみ)が自動的にマスクの対象になるのに対し、(2)の方法はマスクの対象を設定したレイヤー(複数可能)をマスクの対象とする。

マスクの対象(マスクされる側)の設定

レイヤーを[右クリックメニュー]→[プロパティ]→[レイヤーのプロパティ]でマスクの対象を選択。

»Flash/ActionScriptのマスク : ActionScript

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。