Flashのテキスト : ActionScript


Flashのテキストの覚書。

静的テストとダイナミックテキストについて。
ダイナミックテキストは外部テキストを読み込むことができる。その他の主な違いをまとめる。

テキストの種類 外部テキストの読み込み 文字の変形、回転等
ActionScriptでの処理
フォント情報
静的フォント × ※1 ※2
ダイナミックテキスト ※3 ※4

※1 : システムフォント以外を選択した場合は可能。
※2 : システムフォント以外を選択した場合は保持。
※3 : 「文字の埋め込み」を行った場合は可能(システムフォントを除く)。
※4 : 「文字の埋め込み」を行った場合は保持(システムフォントを除く)。

システムフォント

指定 Win Mac
ゴシック MS Pゴシック Osaka
明朝 MS P明朝 平成明朝
等幅 MS ゴシック osaka-等幅
_sans Arial Helvetica
_serif Times New Roman Times
_typewriter Courier New Courier

ダイナミックテキスト 「文字の埋め込み」

「文字の埋め込み」を行うとフォント情報が保持される。埋め込み範囲を指定可能(数字, 英字, 日本語など)を選択可能。
「文字の埋め込み」範囲に日本語を含めるとデータが大きくなる。
システムフォントを選択すると最低限のフォント置き換えルールが適用(システムフォントの表を参照)。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。