書評 : ケインズ―“新しい経済学”の誕生 (岩波新書)


ケインズ経済学の大家である伊東 光晴氏の本。ケインズ経済学を最小限の数式を使い解説している。

理論は簡潔な数式・図を用いて分かりやすく解説されている。
また経済学者ケインズの思想やケインズ経済学が誕生する時代背景を丁寧に取り上げることで、ケインズが『雇用・利子および貨幣の一般理論』をそれ以前の経済学に対して「一般理論」として発表した理由を実感できる。

ケインズ―“新しい経済学”の誕生 (岩波新書)

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。