トリムとスライス : Illustrator(CS 3)

Pocket

Illustrator(CS 3)のトリム(2種)とスライスのメモ。

トリム

トリムは下記の2種類ある。

  • トリムエリア
    メニューバー[オブジェクト] > [トリムエリア]
    • トリムエリアはドキュメントに1つだけ作成できる。
    • 印刷範囲をトリムエリアに限定する。
    • [ファイル] > [書き出し]から画像を保存するときトリムエリアだけに限定する。
      ※[Webおよびデバイス用に保存]でスライスのように機能するわけではない。
    • 印刷されない。画像に保存されない。
  • メニューバー[フィルタ] > [クリエイト] > [トリムマーク]
    • トリムマークはドキュメントに複数作成できる。
    • トリムマークはパス。
      パスなので表示・非表示を設定できたり、アピアランスを設定できる。
    • 単なる目印。表示されていれば印刷されるし画像に保存もされる。
    • 印刷や画像の保存で限定する機能はない。

WEB制作の点から見るとトリムエリアは1つしか指定できないスライスのようなもの。Illustrator 10以降のバージョンはスライスを設定できるのでトリムはWEB制作ではあまり使わない?スライス機能がなかったバージョンではバナーなどを指定した大きさで作成する場合などに利用。

スライス

Photoshop, Fireworksのスライスと同じ。

» Illustrator各バージョンの新機能 – DTP Transit

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。

 


人気記事 はてなブックマーク

この日記のはてなブックマーク数