テンプレートファイルの適用範囲 : WordPress


WordPressのテンプレートファイルが適用される順序のメモ。

WordPressのページは機能ごとに5種類に分類できる(2008/06/16時点)。
WordPressは各ページをテンプレートファイルをもとに作成・表示する。
テンプレートファイルはPHPファイル(拡張子はphp)。どのテンプレートをどの場合に適用するのかはファイル名で決まる。

適用可能なテンプレートファイルが複数ある場合は適用される優先順位が決まっている。

2010.09.16 下記ページに適用される優先順位について詳しい記載がある。
» テンプレート階層

ページの種類 ページの機能 テンプレートファイル/優先順位
メインページ トップページ (1)home.php
(2)index.php
シングルページ 投稿記事ごとのページ (1)single.php
(2)index.php
カテゴリーページ カテゴリーアーカイブのページ (1)category-slug.php
(2)category-ID.php
(3)category.php
(4)archive.php
(5)index.php
日付ページ 投稿日付別アーカイブページ (1)date.php
(2)archive.php
(3)index.php
タグページ タグアーカイブのページ (1)tag-slug.php
(2)tag-ID.php
(3)tag.php
(4)archive.php
(5)index.php
WordPressカスタムページ PAGE機能を利用した時系列に非依存のカスタムページ (1)カスタムテンプレート
(2)page.php
(3)index.php

シングルページの場合を例に優先順位を説明すると、
シングルページへのアクセスがあるとテーマにsingle.phpがある場合はそれファイルがテンプレートとして適用。
single.phpがない場合はindex.phpが適応(index.phpは必ず必要)。

関連記事
»ページの種類

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。