ルート以外にインストールしたWordPressをルートで表示 : WordPress

Pocket

ルート以外にインストールしたWordPressをルートで表示するメモ。

構成

本記事が前提とする構成。

サーバーのローカルパス %DocumentRoot%/wordpress[2]
WordPress のアドレス (URL)[3] http://www.example.com/wordpress
サイトのアドレス (URL)[4] http://www.example.com

index.phpを修正

index.phpを%DocumentRoot%(以下ルートディレクトリ)へ移動する。移動したindex.phpファイルを修正する。

require('./wp-blog-header.php'); → require('./wordpress/wp-blog-header.php');

htaccessを修正

htaccessファイルをルートディレクトリに移動する。
移動したhtaccessに書き込み権限があれば[ダッシュボード] > [設定] > [パーマリンク]の更新で自動更新される。
書き込み権限がなければ手動で修正する。


# 修正前
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /wordpress/
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wordpress/index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

------------------------------------------------------------------

# 修正後
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

参考リンク

» Giving WordPress Its Own Directory – WordPress Codex 日本語版

1. ルートディレクトリはapacheのドキュメントルートに相当するディレクトリ。
2. 文章中の%DocumentRoot%はhttpd.confのDocumentRootに指定したディレクトリを指す。DocumentRootに指定したディレクトリがサーバーのURLではexample.comの直下に対応する。
3.4 WordPressのダッシュボード > 設定 > 一般

コメント


  1. パーマリンクの再設定を忘れていて、あせりました。

    パーマリンクの設定画面で、urlが変わっているので「変更を保存」をクリック
    自分の場合は、wordpressに.htaccessへの書き込み権が無かったので、パーマリンクの設定画面に表示されるmod_rewrite ルールを自分で書込みました。

    Comment by るっちょ — 2016-02-25 @ 10:06 AM

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。