書評 : JavaScriptパターン


JavaScriptの評判の良い本。米国アマゾンでの評価も高い。本ブログでも紹介した『JavaScript The Good Parts』と合わせて読むとより理解が深まる本だと思う。
6章までしか読んでいない。その中で重要だと思う4章,5章,6章の目次を引用して掲載する。

JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法

目次

4章 関数

  • 4.1 背景
  • 4.2 コールバックパターン
  • 4.3 関数を返す
  • 4.4 自己定義関数
  • 4.5 即時関数
  • 4.6 即時オブジェクト初期化
  • 4.7 初期化時分岐
  • 4.8 関数プロパティによるメモ化パターン
  • 4.9 設定オブジェクト
  • 4.10 カリー化
  • 4.11 まとめ

5章 オブジェクト作成パターン

  • 5.1 名前空間
  • 5.2 依存関係の宣言
  • 5.3 プライベートなプロパティとメソッド
  • 5.4 モジュールパターン
  • 5.5 サンドボックスパターン
  • 5.6 静的メンバ
  • 5.7 オブジェクト定数
  • 5.8 連鎖パターン
  • 5.9 methodメソッド
  • 5.10 まとめ

6章 コード再利用パターン

  • 6.1 クラシカルとモダンの継承パターン対決
  • 6.2 クラシカルな継承を使ったときに期待される効果
  • 6.3 クラシカルなパターンその1: デフォルトパターン
  • 6.4 クラシカルなパターンその2: デフォルトパターン
  • 6.5 クラシカルなパターンその3: プロトタイプを拝借して設定する
  • 6.6 クラシカルなパターンその4: プロトタイプを共有する
  • 6.7 クラシカルなパターンその5: 一時コンストラクタ
  • 6.8 Klass
  • 6.9 プロトタイプによる継承
  • 6.10 プロパティのコピーによる継承
  • 6.11 ミックスイン
  • 6.12 メソッドを拝借する
  • 6.13 まとめ

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。