イベント処理の方法 : JavaScript


JavaScriptのイベント処理は大きく分けると2通りの方法がある。

  • イベントハンドラー型
    1. 発生したイベントを処理するコード(イベントハンドラー)をHTML要素に書く[1]
    2. Javascriptオブジェクトのプロパティとしての設定。
    » イベントハンドラ設定方法 : JavaScript
  • イベントリスナー型
    イベントが発生するDOMのノードに対してaddEventLisner(Firefox)・attachEvent(IE)を用いてイベントリスナー(コールバック関数)を設定する方法。HTMLとJavaScriptの分離を行いやすい。
    » イベントリスナー設定 : JavaScript

1. イベントハンドラをHTMLの属性値に記述する方法は本ブログでは基本的に扱わない。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。