Javascriptの記述場所 : Javascript


JavaScriptを実行する色々な方法の覚書。

JavaScriptは下記のように色々な記述の方法がある。本ブログでは主に1, 2の書き方を採用する。

1. scriptタグ

<script>タグと</script>タグの間にJavascriptを記述。<script>タグはHTML文書のhead要素またはbody要素に記述することができる。

<script type="text/javascript">
    alert('Hello World');
</script>

2. 外部ファイル(JavaScriptファイル:拡張子.js)記述

外部ファイルとして<script>タグのsrc属性でJavascriptファイル(拡張子.js)を読み込む。

<script type="text/javascript" src="hoge.js" charset="utf-8"></script>

3. HTML要素の属性値

<input type="button" value="アラート" onclick="alert('Hello Click');" />

HTMLで発生するイベントに対するイベントハンドラとしてonclickやonmousemoveといったHTML属性値として記述。

4. javascript:擬似プロトコル

javascript:コードというJavascript擬似プロトコル形式での記述はHTMLでURLが記述可能な場所で用いることができる。

<a href="javascript: var x = 'he'; var y = "llo"; alert(x + y);">クリック</a>

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。