Twitter APIを使ったPost:SNS

Pocket

WordPressからTwitterに記事を投稿するプラグインはいくつかある。
ただ、Twitter APIを試す目的でプラグインを使わずに自動投稿しようと思った。

まずdeveloperとして登録するところから始める必要があった。
備忘録としてざっと流れをまとめる。

  1. developerとして登録
    目的を記載して申請する必要ある
  2. Appを追加
    https://developer.twitter.com/en/apps
  3. 投稿

https://developer.twitter.com/en/docs/tweets/post-and-engage/api-reference/post-statuses-update

投稿

投稿ごとに、OAuth 1.0aにそった認証情報が必要。
https://developer.twitter.com/en/docs/basics/authentication/oauth-1-0a

Appを登録すると以下の情報が取得できる。

  • Consumer API keys
  • Consumer API secret keys
  • Access token
  • Access token secret

上記情報と投稿ごとにクライアント生成する値をもとに認証情報を作成する。

curl --request POST \

  --url 'https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json?status=Hello%20world' \

  --header 'authorization: OAuth oauth_consumer_key="CONSUMER_API_KEY", oauth_nonce="OAUTH_NONCE", oauth_signature="OAUTH_SIGNATURE", oauth_signature_method="HMAC-SHA1", oauth_timestamp="OAUTH_TIMESTAMP", oauth_token="ACCESS_TOKEN", oauth_version="1.0"' \

oauth_signatureの作成方法は以下に記載されている。
https://developer.twitter.com/en/docs/basics/authentication/oauth-1-0a/creating-a-signature

今回はざっと試すだけなので、Rest ClientであるPostmanを使って投稿してみる。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。