文章の書き方 : その他


既存のウェブサイトをリニューアルする案件が増えてきた。リニューアルの際にデザインやシステム構築の他に企画書を制作する機会が増えている。
企画書を書く際に参考になるハウツー本は多く出版されているがそのほかにも昔大学時代に読まされたレポートや論文の書き方の本を読み直したので忘れる前に要点をまとめて置く。

読んだ本

論文とは

論文は問題を提起してその問題に対する答えを論理的な理由[1]を上げて説明する。論理的な理由(根拠)を上げて説明することことを論証という。
論証は企画書にも当てはまる点が多いと感じたので引用する。

· 自分の答えを論理的に支持する証拠を配列したものを論証という(戸田山 2002 p38)。
· 論理を支持する証拠とはその主張にいたった「原因・経緯」ではなく、「根拠・理由」のことである(戸田山 2002 p38)。
· 意見は主観的記述であってもよいが、他者が追認可能な論拠を伴う「普遍化された私の考え」(戸田山 2002 p44)でなければならない。
· 事実(事実の記述)と意見を明確に区別して書く(木下 1994)。

1. 理由と原因の違いは下記のサイトに詳しい説明がある。
» http://www.nagaitosiya.com/a/cause_reason.html

論証

論証については『論文の教室』(戸田山 2002)が詳しい。

前提(premises)と呼ばれる宣言的文の集まりと結論(conclusion)と呼ばれる宣言的文から構成され、前提群から結論が真であることが導き出せることを主張したものである。そのような論証には、妥当なものと妥当でないものがある。

» 論証 – Wikipedia

演繹的(deduction)論証

前提が真であれば結論が必ず真である論証を演繹的論証と呼ぶ[4]。『論文の教室』(戸田山 2002)で代表的な演繹的論証が紹介されている。

モードゥス・ポネンス

AならばBである。 …前提1
Aである。 …前提2
Bである。 …結論

代表的なモードゥス・ポネンスに三段論法がある。

モードゥス・トレンス

モードゥス・ポネンスの対偶。

AならばBである。 …前提1
Bでない。 …前提2
Aでない。 …結論

モードゥス・ポネンスの裏・逆は必ずしも成り立たない[5]

構成的ジレンマ

AまたはBである。 …前提1
AならばCである。 …前提2
BならばCである。 …前提3
ゆえにCである。 …結論

背理法

Aでないと仮定すると矛盾する
したがってAである。

4. 論証の妥当性は前提の正しさは問題にしない。妥当な論証でも前提が誤っていれば結論は誤りである。
5.裏
AならばBである。 …前提1
Aでない。 …前提2
Bでない。 …結論 ← 正しい場合も誤りの場合もある。

AならばBである。 …前提1
Bである。 …前提2
Aである。 …結論 ← 正しい場合も誤りの場合もある。

帰納的(induction)・推測的な論証

前提が真でも結論が真であるとは限らない論証。『論文の教室』(戸田山 2002)は少し弱い論証としている

帰納的論証

AはPである。 …前提1
BはPである。 …前提2
CはPである。 …前提3
すべてPである。 …結論

アブダクション(abduction),仮説形成、最良の説明への推論

Aが既にわかっている。Hという仮説をおけば、なぜAなのかをうまく説明できる。ほかにAをHと同程度せつめいできる仮説はないのでたぶんHはただしい。

アブダクション、アブダクティヴな推論、または最良の説明への推論(古典ギリシア語: ἀπαγωγή、apagōgē/英: Abduction、abductive reasoning、inference to the best explanation)は、ある個別の事象を最も適切に説明しうる仮説を導出する推論。

» アブダクション – Wikipedia

仮説的演繹法

仮説から演繹して結論を導出する。結論は実際の現象として確認できる。

仮説Hが正しいならばBが成り立つ。
実際、BなのでたぶんHは正しい。

アナロジー(類推)

Aは重要な点でBとにている。
BはCという事が成り立っている。
したがってAもCが成り立つだろう。

パラグラフライディング

パラグラフを文章の最小構成単位と考えてパラグラフ単で文章を構成する。
パラグラフは日本語の段落のことだが本記事を書くのに参考にた書籍は曖昧に使われている段落と文章の最小構成単位としての段落を区別する意味でパラグラフと書いている本記事でも以下パラグラフとする。

パラグラフの構成

パラグラフはトピックセンテンスとサブセンテンスで構成される。1つのパラグラフには1つの話題を書く。それをトピックセンテンスと呼ぶ[2]。パラグラフの他の記述をサブセンテンスと呼ぶ。サブセンテンスは下記の内容だけを記述する。

  • トピックセンテンスの詳細(具体例)。
  • トピックセンテンスの根拠。
  • トピックセンテンスの言い換え。
  • 前後のパラグラフとの接続文。

読んだ本はトピックセンテンスをパラグラフの先頭に記述することを進めていた。
パラグラフ間はトピックセンテンスで論理的に結びついており[3]サブセンテンスを先頭におくとパラグラフ間の論理的なつながりが分かりずらくなる。

2. トピックセンテンスはパラグラフの主題。
3. 一方サブセンテンスはトピックセンテンスとだけ論理的につながりがある。

パラグラフの長さ

200~400字と言われている。

アウトラインとは

文章を書くにはアウトラインをまず決める。

アウトラインとは論文の骨格。アウトラインを肉付けしたものが論文。論文はまずアウトラインをつくる(戸田山 2002 p100)。 アウトラインは常に暫定的で進化するもの(戸田山 2002 p109)

戸田山 2002の本ではアウトライン作成の方法論はないと断ったうえで経験的に有用な方法を紹介している。

問いを細分化

主問題を論点のより明確ないくつかの小さい問題に分けるする。細分化した問題に答えることで最初の主問題に答えることになる。
『論文の教室』(戸田山 2002 p121)では問いに対して新規の問いをぶつける問いの細分化の方法をビリヤード法と呼んで紹介している。

分かりやすい文章のために

『論文の教室』(戸田山 2002)は分かりやすい文章をかくための注意点が纏められている。そのいくつかを紹介する。

  • 主語がない文章[6]
  • 述語がない文章(体言止め)
  • 主語と述語が対応していない文章
  • できるだけ連用形(〜であり、〜し、〜され、〜であり)でつなぐのは避ける。連用形の多様により論点(話題)がずれることが多い。
  • 接続しとしての「・・・が」で文をつなぐことをやめる。「・・・が」は逆説の意味だが、話題をずらすために使われることがある。
  • 「の」を多用しない。
  • 修飾語と被修飾語の対応を分かりやすくする。

6. 本多勝一(1982)『日本語の作文技術』では日本語の大きな特徴として主語を省略できる点を上げている。
上記の本は句読点について分かりやすい説明がされているのでその点も面白かった。

コメント

Trackbacks

  1. 論文の書き方

    論文作成に役立つ本を探すならこのページ。 卒業論文、学術論文、研究レポートの他、一部の書籍やビジネス文書も論文の書き方の応用であると考えることができます。 ここでは論文…

    トラックバックby文書と文章の便利ページ — 2011-02-17 @ 10:05 PM

  2. 『文例集では書けない超速 ビジネス文書作成マニュアル』

    この本はちょっと驚いた。 仕事柄、文書(企画書、報告書、議事録)を大量に書かねば成らないことがあるだが、例文集の類は買う気になれない。 まず、オリジナルの企画書や報告…

    トラックバックby私の通勤読書メモ — 2011-02-17 @ 10:06 PM


コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。