マクロ : 秀丸


秀丸はマクロと呼ばれるプログラム利用することにより機能を拡張することがる。
秀丸マクロの利用方法の覚書。

マクロの利用方法の原則

マクロをローカルにダウンロードして解凍します。
解凍されたフォルダにreadme.txtというファイルがあり、多くの場合マクロの利用方法が記載されています。

マクロの利用の一般的流れ

マクロの利用方法は、readme.txtに従うのが基本です。しかし多くのマクロは利用方法が共通しています。その方法を説明します。

(1)ダウンロード⇒解凍

ローカルパソコンにダウンロードした圧縮ファイル(.LZHファイルなど)を解凍します。

(2)マクロファイルをマクロ用フォルダへ移動

必要ファイル(マクロファイル[拡張子:mac]など)を秀丸のマクロファイル用フォルダへ移動します。マクロファイル用フォルダは秀丸ツールバー→[その他]→[動作環境]→[環境]の「マクロファイル用のフォルダ」で設定したフォルダです。未設定の場合は秀丸のインストールディレクトリになります。

(3)秀丸にマクロを登録

秀丸を起動→メニューバー[マクロ]→マクロの登録ダイアログ→プルダウン[ファイル名]で登録したいマクロを選択します。必要なファイルがmacroフォルダに移動されている場合、プルダウンメニューに目的のマクロが表示されます。

(4)マクロの実行

秀丸を起動→メニューバー[マクロ]→マクロの実行

目的のマクロを選択して実行します。

ショートカットキーの割り当て

[その他]→[キー割り当て]ダイアログのコマンド入力域でメニュー/マクロを選択します。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。