stop -2- 繰り返し処理との関係: ActionScript

未分類 | 2008年5月 | Comments (0)
Pocket

stopに関する覚書です。

タイムラインに記述した繰り返し処理(for文,while文など)はタイムラインを停止した後も繰り返しが完了するまで続行される。

/*
フレーム1のスクリプト
1000ミリ秒ごとにX座標を10px移動
*/
var count = 0;
var timerid = null;
timerid=setInterval (f,1000);
function f() {
	trace(count);
	count++;
	if(count>1000) {
		clearInterval(timerid);
	}
}

/*
フレーム20のスクリプト
*/
trace('end');
stop();

出力結果

0
・・・・・・・・・
end
・・・・・・・・・
1000

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。