Google ウェブマスターツール


Google ウェブマスターツールのメモ

Google ウェブマスターツールの機能は大きく2つあります※1

サイトマップ(Google Sitemap)
Googleにサイトマップを使いサイト構造を送信することにより,Googleのクローラーによるサイトインデックスの正確性を高めます。
様々な統計情報を知る
Googleがサイトをクロールすることにより得られる情報をもとにサイトの様々な情報を確認することができます。

※1:Google ウェブマスターツールを利用するにはGoogle アカウントが必要です。

Googleサイトマップ(sitemap.xml)の作成方法

Googleサイトマップを利用するとGoogle(クローラー)に直接サイト構造を知らせインデックスの漏れをなくすのに役立ちます。

GoogleサイトマップはGoogle ウェブマスターツールで管理します※1

※1:Google ウェブマスターツールを利用するにはGoogle アカウントが必要です。

Google サイトマップはXML文書ですが,XML-sitemaps.comから無料で作成できます。手順はとても簡単です。

XML-sitemaps.comを利用したサイトマップ作成手順は無料で簡単自動作成!Googleサイトマップの作り方が非常に詳しく解説しており参考になります。

外部リンクを把握

ウェブマスターツールを使うとGoogleが認識している外部リンクの正確な数およびリンク元を知ることができます。

www.example.jp
link:www.example.jp(URLはダミー)
上記のように検索しても外部リンクを知ることができますが,全ての外部リンクが分かるわけではありません。とくにlinkで表示されるリンク元は質の高いサイトに限られます。

一方ウェブマスターツールのリンクタブではGoogleが認識している全ての外部リンクを把握することができます。

スパムと判定されたかを知る方法

Googleでは検索順位の変動は珍しいことではありません。しかし,検索結果にまったく表示されなくなった際に,その原因がGoogleによりスパム判定されたのかそうでないかを知ることがとても重要です。

Googleはスパム判定をした場合メールやウェブマスターツールで警告します。

検索結果に表示されなくなる原因はスパムだけではありませんが,ウェブマスターツールを利用すれば,原因がスパムかどうかを判断できます。

Googleウェブマスターツールを使えば、スパムか否かを確認できる

1. スパム警告表示:何らかのスパムを行っているとGoogleが判定した場合、インデックス削除の警告が表示されます。指定期日以内に修正しない場合、Googleから削除されます。

2. インデックス削除表示:スパムが検出され、指定期日内にそれが修正されなかった場合にインデックスから削除した旨の案内が表示されます。同時に再登録申請フォームへのリンクが用意されます。

引用元:サイトが検索エンジンからスパムで削除されたかを判定する方法と、その解決方法は? | Web担当者Forum

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。