ウェブ制作に適したIllustratorの設定(特にスライス) : Illustrator


スライス用のIllustratorデータを受け取ったときに確認する設定のメモ。

単位 : 環境設定[1]

ウェブの単位はピクセル。[環境設定] ⇒ [単位]ダイアログの項目をすべてピクセルする[2]

上記の[環境設定] ⇒ [単位]を変更しても定規の単位はピクセルにならなかった。定規の単位を変更するには[ファイル] ⇒ [ドキュメントの設定] ⇒ [裁ち落としと表示オプション]の単位をピクセルにする[3]

[1] [Illustrator] ⇒ [環境設定] ⇒ [単位]。
[2] Illustrator CS5 for Macは一般、線、、書式、日本語オプションをピクセルにする。
[3] 本来、環境設定はすべてのドキュメントに適用したい設定をおこない[ファイル] ⇒ [ドキュメントの設定]は開いているドキュメントにのみ適用する設定を行う。

カラーモード(RGB)

新規作成の場合

本記事は既存のドキュメントの設定変更について書いているが新規にドキュメントを作成する場合は[新規ドキュメントの作成]ダイアログの詳細セクションを下記のように設定する。

  • カラーモード : RGB

既存ドキュメントの変更

  • カラーモード : RGB [ファイル] ⇒ [ドキュメントのカラーモード] ⇒ RGBカラー

解像度

新規作成の場合

新規にドキュメントを作成する場合は[新規ドキュメントの作成]ダイアログの詳細セクションで設定する。

  • ラスタライズの効果 : [効果] → [ラスタライズの効果設定] ⇒ 72ppi[1]

既存ドキュメントの変更

  • ラスタライズの効果 : [効果] → [ラスタライズの効果設定] ⇒ 72ppi[2]

[1],[2] ウェブは印刷を考えなければ解像度を意識する必要はない。FireworksでAIファイルを読み込むときは解像度を変更できる。慣用的にウェブの解像度は72dpi(Mac),96dpi(win)とすることが多い。

プレビューの設定

新規作成の場合

新規にドキュメントを作成する場合は[新規ドキュメントの作成]ダイアログの詳細セクションを下記のように設定する。

  • プレビュー : ピクセル

既存ドキュメントの変更

  • [表示] ⇒ ピクセルプレビュー

定規

定規はcommand + rで表示する。

目盛の大きさ

カラーモードをRGBにすると定規の目盛は6px×6pxの36ピクセルになる。目盛はアートボードの拡大に応じて細かくなる。目盛を変更することはできない。

» アドビ社6アプリケーションの定規とガイドを比較検証してみる – DTP Transit

定規の目盛の原点を左上に設定

追記 2011.12.16 Illustrator CS5から原点が左上に変更された。下記の設定はCS5未満の場合にだけ当てはまる。

Illustratorの原点は左下になる。
FireworksやPhotoshopの原点は左上となる。
Illustratorの原点を左上に変更するには定規の左上をアートボードの左上にドラッグして合わせる。

このときY座標は下に向かってマイナスの値になる。

スナップ

スライスを行う場合は[表示] ⇒ ピクセルにスナップ、[表示] ⇒ ポイントにスナップを有効にしておくと良い。

スライス

Illustratorのスライスは下記の記事が詳しい。
» illustratorのaiデータから画像を綺麗にスライスする方法 : Web Design KOJIKA17

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。