stop -1- : ActionScript


stop()についての覚書です。

ActionScriptのリファレンスではstop関数について下記のような説明がされています。

stop()
Player
Flash 2。

シンタックス
stop()

パラメータ
なし。

戻り値
なし。

説明
関数; 再生中の SWF ファイルを停止します。このアクションは、ボタンでムービークリップを制御する場合に最もよく使用します。

stop関数でムービー(のタイムライン)を停止しても、配置されたムービークリップ(のタイムライン)は停止されない。
配置されたムービークリップは、MC.stopメソッドで個別に停止する。

stop関数やMC.stopメソッドでムービーやムービークリップを停止しても、それぞれのonEnterFrameイベントは発生し続ける。

サンプル
ステージにはball_mcを配置。メインタイムラインの1フレーム目と10フレーム目にスクリプトを書く1フレーム目のスクリプト


// ball_mcのonEnterFrameイベントハンドラを設定
ball_mc.onEnterFrame = function(){ trace('ball_mcのイベント');};
// ball_mcのタイムラインを停止する関数
var mcStop = function (mc) { mc.stop();};
// 3秒後にball_mcのstopメソッドを実行
setInterval(mcStop, 3000, ball_mc);

10フレーム目

stop();

10フレーム目でムービーを停止してもball_mcのタイムラインはball_mc.stopが実行されるまで停止しない。ball_mc.stopが実行されてもball_mcに設定したonEnterFrameイベントは発生し続ける。

ball_mcのonEnterFrameを停止するにはイベントハンドラを削除する。

delete ball_mc.onEnterFrame;

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。