落下運動2 : ActionScript

等加速度で落下するサンプルです。

摩擦がない場合は等加速度の落下は元の位置まで跳ね返ります。

シンボル — リンケージ:ball, 幅:10,高さ:10,中心:(-5,-5)

// 落下等速度
function Ball()
{
	// 初期位置
	this._x = Stage.width / 2;
	this._y = 50;
	// 自身半径
	var radius:Number = 5;
	// 速度
	var vy:Number = 0;
	// 加速度
	var a:Number = 0.98;
	// イベントハンドラ
	this.onEnterFrame = function()
	{
		trace(radius);
		// 等加速度落下
		vy += a;
		this._y += vy;
		// 跳ね返り処理
		if (this._y + radius > Stage.height)
		{
			this._y = Stage.height - radius;
			vy *= -1;
		}
	};
}
var o = new Ball();
var mc = attachMovie("ball", "ball", 0, o);

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。