WordPress開発環境


公式テーマディレクリにkanagataというテーマを登録している。
ただ、忙しさを言い訳にして、数年更新ができていない。

WordPressは毎年進化しているので、今後はできるだけ更新したいと思う。
そのために、更新コストをすこしでも減らしたいと考えている。

オンライン開発環境Gitpodは場所を選ばずに開発できる便利なサービスだと感じている。
2020年年末からDockerを触り始めたこともあって、Gitpodを中心にして、ローカル&プロダクション環境も含めた効率的な開発環境を模索している。

概要

  • プロダクション環境:AWS EC2(Docker Compose)
  • 開発環境:Gitpod(Docker)

Gitpod

gitpodで手軽にWordPress環境を構築

プロダクション環境

AWS EC2 Ubuntu 18.04にDocker Composeを使って環境を構築。

GitHub Actionsを使ってAWS EC2 18.04にデプロイ

まずはコードをEC2にデプロイするためにGitHub Actionsを設定。

  • https://docs.github.com/ja/actions/reference/workflow-syntax-for-github-actions#about-yaml-syntax-for-workflows
  1. EC2でSSH鍵をパスフレーズなしで作成
    $ ssh-keygen -m PEM -t rsa -C "info@example.com"
  2. GitHubからクローンするために公開鍵をGitHubアカウントのSSHに登録
  3. リポジトリをクローン
    $ git clone git@github.com:xxxxx/example.git
  4. GitHubからAWS EC2にアクセスするためにGitHubのリポジトリsettingssecretに変数としてSSH接続情報を登録(変数名は任意)
    後述するGitHub Actionの設定ファイル(例:.github/workflows/deploy.yml)で使用
    • EC2_SECRET_KEY:秘密鍵を登録
    • EC2_HOST:EC2のIP
    • EC2_USER:ubuntu(AWSのEC2インスタンスがUbuntuの場合)
  5. 公開鍵をログインユーザー(ubuntu)の~/.ssh/authorized_keys に追加
    $ cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
  6. プロジェクトルートの直下にGitHub Action設定ファイル.github/workflows/deploy.ymltを作成

SSHの鍵作成はCircleCIの以下のドキュメントを参照
ref. https://circleci.com/docs/ja/2.0/add-ssh-key/

AWS EC2 Ubuntu 18.0.4にDocker&Docker Composeをインストール

Docker&Docker Composeをインストール。

ref. Install Docker Engine on Ubuntu

Install Docker Engine on Ubuntu

  1. $ sudo apt update -y && sudo apt upgrade -y
  2. $ sudo apt-get -y install apt-transport-https ca-certificates curl gnupg-agent software-properties-common
  3. $ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
  4. $ sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"
  5. $ sudo apt-get update
  6. $ sudo apt-get -y install docker-ce docker-ce-cli containerd.io
  7. $ sudo gpasswd -a ubuntu docker
  8. $ docker --version

Install Docker Compose

  1. $ sudo apt update -y && sudo apt upgrade -y
  2. $ sudo apt install -y python3 python3-pip
  3. $ sudo pip3 install docker-compose
  4. $ docker-compose --version

docker-compose.yml

docker-compose.ymlは「さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築」(大澤 文孝 (著), 浅居 尚 (著) )を参考に作成。
WordPressイメージmysql:5.7を使用

Let’s EncryptでSSL化

  1. certbotでDocker向証明書作成
  2. バーチャルホストにSSL設定
certbotでDocker向け証明書作成

ref. Running with Docker

80/443ポートを使用していコンテナがあれば停止($ docker-compose down
Dockerホストで以下コード実行。

sudo docker run -it --rm --name certbot \
            -v "/etc/letsencrypt:/etc/letsencrypt" \
            -v "/var/lib/letsencrypt:/var/lib/letsencrypt" \
            -p 80:80 -p 443:443
            certbot/certbot certonly

  1. standalonewebroot選択画面でstandaloneを選択
    • certbotの内蔵Webサーバーを使用するので、80/443ポートを使用している既存Webサーバーは停止(Dockerの場合Webサーバー用の既存コンテナを停止)
  2. /etc/letsencryptに証明書が作成。
  3. docker-composeのwordpress用サービスのvolumesを使ってコンテナにバインド(バインドマウント)

“`docker-composer.yml
services:
# …..
wordpress-app:
# …..
image: wordpress
volumes:
– /etc/letsencrypt:/etc/letsencrypt
# …..



##### バーチャルホストにSSL設定 - example.comドメインを例に記載 - 公式WordpressイメージのOSは`Debian` 上記を前提に記載。 1. `/etc/apache2/sites-available`にバーチャルホスト用の`conf`ファイル作成 1. `/etc/apache2/site-available/default-ssl.con`をコピー(`example.com.conf`を作成 1. confファイル名は、`example.com.conf`にする(`ドメイン名.conf`) - 上記ファイル名でないと`$ a2ensite example.com`で`Site example.com does not exist!`が発生 1. example.com.confにSSL用バーチャルホスト設定 1. `apachectl configtest` 1. `service apache2 reload` - `apachectl graceful`は、`AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 172.20.0.3. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message`が発生 ```example.com.conf <IfModule mod_ssl.c> <VirtualHost *:443> ServerAdmin webmaster@localhost ServerName example.com DocumentRoot /var/www/html SSLEngine on SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/exxample.com/fullchain.pem SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/example.com/privkey.pem </VirtualHost> </IfModule>

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。