仕事 : 物理


仕事(work)に関する覚書。

ある力で物体をどの程度(m)移動することができるかを表す物理量。

W = Fcosθ•x	W:仕事(J=kg•m/s2•m), x:距離(m)

θは力と移動の向きをなす角度。

力に対して物体が垂直に動く場合の仕事は0。また力に対して逆向きに働く仕事は負。よって仕事は向きを持たない(ベクトル量ではない)。

仕事と運動エネルギーの関係式

運動エネルギーの増加はなされた仕事と等しい。

(1/2)mv2 - (1/2)mv02 = W
F = m•a, v2-v02=2aXから
F•X = (1/2)mv2 - (1/2)mv02

X = (x-x0)

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。