アンカー : Word 2003, Word 2007


Word 2003, Word 2007のアンカーについてのメモ。

アンカーとは

Wordに挿入した画像・ワードアート・クリップアート(これらをWordオブジェクトとよびます)はレイアウトの際に「行内」以外に設定すると浮動オブジェクトになります。
浮動オブジェクトは行から独立して自由に配置できます。アンカーは浮動オブジェクトとそれを管理する段落を結びつける役目をします。
初期設定では浮動オブジェクトを移動するとアンカーもそれに伴い移動して移動先にもっとも近い段落に設定されます。
特定の段落にアンカーを固定することもできます。

アンカーの表示方法

アンカーはWordの浮動オブジェクトが属している段落を表しています。
アンカー ⇒

初期設定ではアンカーは表示されません。
アンカーは浮動オブジェクトがどの段落に属しているのかを確認するためにも表示しておくと便利です。
アンカーは次の方法で表示することができます。

メニューバー[ツール]>[オプション]>[表示]タブ>[印刷レイアウト表示とWebレイアウト表示のオプション]グループ>[アンカー記号]にチェックします。

アンカーを固定する方法

先に述べましたがWordはワードアート・クリップアート・画像・テキストボックス(以下まとめてオブジェクト)をアンカーを用いて段落に結び付けて管理します。
アンカーは初期状態ではオブジェクトにもっとも近い段落に設定されます。
アンカーが設定されている段落はそのオブジェクトを管理することになります。そのためアンカーを設定してある段落に対して削除や移動を行うとその段落とアンカーで結びついたオブジェクトも削除や移動が自動的に行われます。

アンカー ⇒

オブジェクトを移動するとアンカーも自動的にオブジェクトの移動先にもっとも近い段落に設定し直されます。
しかし上述のようにアンカーを設定した段落が削除や移動されるとオブジェクトも自動的に削除や移動されます。
そこで見出しなどの削除や移動することのない特定の段落にアンカーを固定したい場合が頻繁に発生します。

アンカーの固定の用法

オブジェクトのアンカーを選択して固定したい段落に移動します。その状態で再びオブジェクトを選択します。[右クリック]>[図の書式設定]>[レイアウト]>[詳細設定画面]で「アンカーを段落に固定する」にチェックします。

これでアンカーは特定の段落に設定されました。オブジェクトを移動してもアンカーが他の段落へ移動することはありません。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。