CDATAセクション : XHTML

XMLドキュメントに記述された< や>などは通常マークアップとして解釈されます。実体参照を使い<や>と記述することにより単なる文字として記述できますが、CDATAセクションを使うと< ![CDATA[から]]>に囲まれた部分を文字データ(Character Data)として解釈させることができます。

JavascriptとCDATAセクション

XHTML文書にJavascriptを記述する場合は、CDATAセクションで囲み、![CDATA[、]]をJavascriptのコメントでコメントアウトします。


コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。