MIME : XHTML

MIMEとはインターネットのデータ通信で送信データの種類を明示的して受信側(主にWebブラウザ)のデータ処理を適切に行う仕組です。

Windowsでは拡張子を使いデータタイプを区別します。
インターネット上での同様の働きがMIMEによって実現されています。
ブラウザはMIMEに応じて適切なアプリケーションを起動することができます。

HTMLはウェブサーバやHTMLファイルのmeta要素でMIMEをtext/htmlに指定します。それにより送信データがHTMLデータであることをクライアント(主にWebブラウザ)に明示できます。

HTMLのMIMEの指定

meta要素でのMIMEの指定例

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />

ウェブサーバ(Apacheの.htaccess場合)での指定例

AddType "text/html; charset=Shift_JIS" .html

代表的なMIMEタイプ

MIME 説明 対応拡張子
text/plain テキスト txt
text/html HTML文書 html,htm
text/xml XML文書 xml
image/jpeg JPEG画像 jpg,jpeg
image/gif GIF画像 gif
application/x-shockwave-flash Adobe Flash swf

XHTMLとMIME

XHTMLで指定可能なMIMEは下記の通りです(Web標準の教科書 益子貴寛著より引用)。

MIME XHTML1.0(Compatible) XHTML(other)
text/html 可能 非推奨
application/xhtml+xml 推奨 推奨

現状では後方互換性の問題よりXHTMLでもtext/htmlを指定したほうが良いようです。

参考リンク

»MIMEチュートリアル
»拡張子とMIMEタイプ

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。