画像配置 : Word 2003


Word2003の画像配置のメモ。

画像の挿入

画像をWordへ挿入すると初期設定ではカーソルを配置した段落の行に文字と同じ扱いで配置されます。

図形は行と独立して自由に配置することもできます。
挿入した図形を選択して図形を[右クリック]>[図の書式設定]>[レイアウト]ダイアログで「行内」以外(四角・外周・前面・背面)を選択します。

[レイアウト]ダイアログで行内以外が選択された画像は浮動オブジェクトになります。浮動オブジェクトは自由に移動できるようになり、アンカーで段落と結びつけられて管理されます。
» アンカー : Word 2003, Word 2007

配置方法による違い

Word 2003はワードアート・クリップアート・画像・テキストボックス(以下まとめてオブジェクトと呼ぶ)は[図の書式設定]>[レイアウト]ダイアログで配置方法を選ぶことができます。
初期設定では「行内」が選ばれています。四角・前面・背面を選択するとオブジェクトは浮動オブジェクトになります。浮動オブジェクトは行とは独立してページ内で自由に配置できます。
四角・前面・背面はそれぞれ次のような違いがあります。

四角
「四角」を選ぶとテキストはオブジェクトを避けてレイアウトされます。
前面
「前面]を選ぶとテキストはオブジェクトの背後に通常通り配置されます。オブジェクトが不透明な場合はテキストは隠れます。
背面
「背面」に配置するとテキストオブジェクトの前に通常どおりレイアウトされます。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。