WordPress公式プラグインのバージョンアップで必要なSubversionの操作メモ: WordPress

Pocket

WordPress公式プラグインとして登録しているプラグインのバージョンアップで必要になるSubversionの使い方備忘録です。

plugins
    |
    example-plugin
        |
        |-- example-plugin.php
        |
        |-- readme.txt 
  1. WordPress.orgへログイン
  2. Add your Plugin — WordPress Pluginsから申請
  3. 申請を通過するとプラグイン用Subversionリポジトリがメールで送信される。
  4. example-pluginでディレクトリでチェックアウト実行
  5. ローカルへassets, branches, tags, trunkがダウンロードされる。
$cd /path/to/plugins
$ svn co https://plugins.svn.wordpress.org/example-plugin example-plugin
plugins
    |
    example-plugin
        |
        |-- assets          // svn coで追加
        |
        |-- branches        // svn coで追加
        |
        |-- tags            // svn coで追加
        |
        |-- trunk           // svn coで追加
        |
        |-- example-plugin.php
        |
        |-- readme.txt 

ファイルを変更したとき

変更ファイルをtrunkの該当ファイルへコピーします。
例 readme.txtを変更

cd example_plugin
cp readme.txt trunk/readme.txt

ファイルを追加したとき

$ cd example-plugin
$ cp new_file.php trunk/new_file.php
$ cd trunk
$ svn add new file.php  // Subversionのコマンドadd

ファイルを削除したとき

例) example-plugin/foo.phpを削除

$ cd example-plugin
$ cd trunk
$ svn del foo.php        // Subversionのコマンドdel

コミット

$ cd example-plugin
$ sv ci -m "Imporove something."

タグをつける

タグをつけることで新バージョンとして認識されます。

$cd example-plugin
$ svn cp trunk tags/2.0  // Subversionのコマンドcp
$ svn ci -m "tagging version 2.0"

How to Use Subversion | Plugin Developer Handbook | WordPress Developer Resources

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。

 


人気記事 はてなブックマーク

この日記のはてなブックマーク数