WordPressパーマリンクのメモ : WordPress

Pocket

カテゴリーcategory1(カテゴリーIDは2)に記事を投稿する。投稿IDは1とする。
WordPressアドレス、サイトアドレスはともにhttp://www.example.comとする。

パーマリンク(デフォルト)

記事のパーマリンク http://www.example.com/?p=1
カテゴリーのリンク http://www.example.com/?cat=2

上記のフォルトの例ではアクセスはすべてサイトアドレス直下のindex.phpに対して行われる。

カスタムパーマリンク設定

/%category%/%post_id%.html
記事のパーマリンンク http://www.example.com/category1/1.html
カテゴリーのリンク http://www.example.com/category/category1

パーマリンンクで上記設定を行ったときのアクセスはindex.phpではない。
そのためhtaccessでmod_rewriteでRewriteの設定が必要になる(書き込み権限があれば自動で行われる)。
これでindex.phpはhttp://www.example.comのフロントコントローラーとして機能する。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /wordpress/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wordpress/index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

rewriteは元のURL情報を内部的に維持する。そのため転送先のindex.phpはアクセス情報に応じた処理ができます。
RedirectとRewrite : WordPress

カスタムパーマリンクを設定してもデフォルト形式のアクセスは常に可能。

http://www.example.com/?p=1
カテゴリーのリンク http://www.example.com/?cat=2

参考リンク

» RedirectとRewrite : WordPress

人気記事 はてなブックマーク

この日記のはてなブックマーク数