例外処理 : JavaScript

Pocket

JavaScriptはtry〜catch文を使った例外処理ができる。try〜catch文の例外処理の対象はランタイムエラー。構文エラー(シンタックスエラー)は対象外。またJavaScriptは0の除算は例外を発生させずInfinityを返す。

» jsFiddle

try {
    console.log(x);      // 例外発生
} catch (e) {
    console.log(e.name); // ReferenceError
    console.log(e.message); // x is not defined
    console.log(e.toString()); // ReferenceError: x is not defined
}
var y;
try {
    console.log(y);      // undefined 例外は発生しない
} catch (e) {
    console.log(e.name);
    console.log(e.message);
    console.log(e.toString());
}
// my z; 単なる構文エラー
var a = 100;
var b = 0;
try {
    var c = a / b;
    console.log(c);
} catch (e) {
    console.log(e.name);
}

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。

 


人気記事 はてなブックマーク

この日記のはてなブックマーク数