jsTestDriver

Pocket

JavaScriptのテスト駆動開発の記事を最近よく見る。JavaScriptの堅牢な書き方は興味があるのでjsTestDriverを試そうと思う。jsTestDriverはJarファイルで提供されている。

Javaの確認

JavaはMacにデフォルトでインストールされている。javaコマンドへのパスも通っている。まずはバージョンを確認する。

$ java -version

jsTestDriverダウンロード

jsTestDriverをダウンロードする(2012.02.01 jsTestDriver-1.3.3d.jarをダウンロード)。
» JsTestDriver

アセットの配置

今回はホームフォルダにjsTestDriverフォルダを作成してjsTestDriver-1.3.3d.jarを配置する(Users/ユーザー名/jsTestDriver/jsTestDriver-1.3.3d.jar)。

|-- jsTestDriver
        |-- jsTestDriver-1.3.3d.jar
        |
        |-- sample
              |-- jsTestDriver.conf
              |
              |-- src
              |     |-- string.js
              |
              |-- text
                   |-- string-test.js

jsTestDriverの起動

Users/ユーザー名/jsTestDriverに移動して下記コマンドを実行。

$ java -jar JsTestDriver-1.3.3d.jar --port 4224

このターミナルはテストの間中立ち上げておく。

ブラウザでアクセス

ブラウザにアドレスを入力する。

http://localhost:4224

テストの実行

別のターミナルを立ち上げる。

jsTestDriver-1.3.3d.jarが配置されているディレクトリへ移動する(Users/ユーザー名/jsTestDriver/)。コマンドを実行。

$ java -jar JsTestDriver-1.3.3d.jar --config ./sample/jsTestDriver.conf --tests all

–configオプションでJsTestDriver.confのパスを指定できる。省略すると同一ディレクトリのjsTestDriver.confを読む。

個別のテストを行う

//string-test.js
TestCase("StringTest", {
  "test arguments should string":
  function () {}
});
$ java -jar JsTestDriver-1.3.3d.jar --config ./sample/jsTestDriver.conf --tests StringTest.test arguments should string

1. localhost:4224から他のページへ遷移するとターミナルを閉じないとうまくテストを再開できなくなる。

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。

 


人気記事 はてなブックマーク

この日記のはてなブックマーク数