setInterval関数 : JavaScript,ActionScript

Pocket

ある一定間隔ごとに処理を実行する場合に便利なsetInterval関数のメモ。

setInterval

setInterval関数はJavaScriptはwindowオブジェクトのメソッド。ActionScript2.0ではグローバル関数[1]として定義されている。
intervalIDを返す。clearInterval(intervalID)でクリアする。

ActionScript

setInterval(functionName, interval [, param1, param2, ..., paramN])
パラメータ
functionName 関数名または匿名関数の参照。
interval functionName パラメータに対する呼び出しの間隔 (ミリ秒)。
param1, param2, ..., paramN function パラメータまたは methodName パラメータに渡すパラメータ。このパラメータはオプションです。

出典:Flash MX 2004ヘルプ

サンプル1

function f(msg) {
	trace(msg+' : '+n);
	n++;
	if (n>=20) {
		clearInterval(timer); // 20回を超えると繰り返し停止
	}
}
var n = 0;
var timer = setInterval(f, 100, '回数');

サンプル2

function attachCircle(target) {
	var o = new Object();
	o._x = pX;
	o._y = pY;
	target.attachMovie('circle','circle'+i,n,o);
	pX += 30;
	pY += 30;
	n++;
	if (n>=10) {
		clearInterval(timer);
	}
}

var pX = 5;
var pY = 5
var n = 0;

var timer = setInterval(attachCircle, 400, _root);

1. ActionScript3.0ではflash.utils.setInterval()
参考サイト:AS2とAS3の違い(その1) (www.imajuk.swf)

コメント

Trackbacks

  1. setInterval

    actionscriptで、グラフィックの位置を期待する時間で移動
    しようとして、timerを一生懸命弄っていましたが、setIntervalつかったら
    一発で期待通りに…

    トラックバックbyビジネスオープンソース研究室 — 2009-08-21 @ 6:32 PM


コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。

 


人気記事 はてなブックマーク

この日記のはてなブックマーク数