EC-CUBE3 スマートフォンアプリ作成キットでAPNsの設定

Pocket

EC-CUBE スマートフォンアプリ作成キット for iOS/AndroidでiOSのプッシュ通知(APNs)を行うメモです。

流れ

(1) スマートフォンアプリキットの基本設定
(2) p12証明書作成
(3) アピリアーズのアプリへp12証明書登録
(4) Xcodeへプロビジョニングプロファイル設定
(5) 実機で確認

(1) スマートフォンアプリキットの基本設定

README.mdを参考にプロジェクトの設定をします。
EC-CUBE スマートフォンアプリ作成キット for iOS/Android

Apiaries SDK 2.0 インストール

Apiaries SDK 2.0と依存ライブラリをプロジェクトへインストールします。
http://docs.appiaries.com/?p=14423

(2) p12証明書取得手順

(2-1) CSR作成(ローカル)

CSR(証明書署名要求)をキーチェーンアクセス(アプリケーション > ユーティリティー)で作成します。
証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求…で必要事項を記載し「ディスクに保存」を選択し
csrファイル(.certSigningRequest)をローカルに保存します。

(2-2) Apple Developerでcarファイル作成(Apple Developer)

iOS Certificates – Apple Developerでcerファイルを作成します。
このとき(1)で作成したcsrのアップロードが必要です。
cerファイルはアプリケーション(App ID)ごとに必要となります。

(2-3) p12証明書作成(ローカル)

Apple Developerから(2)で作成したcerファイルをダウンロードします。
cerファイルをダブルクリックするとキーチェーンアクセスが立ち上がりcerファイルが登録されます。
登録したcerファイルを選択しキーチェーンアクセス > ファイル > 書き出しで個人情報交換(.p12)形式で書き出します。

(3)アピリアーズのアプリへp12証明書を登録

(3-1) アピリアーズでアプリ作成(Appiariesコントロールパネル)

作成したアプリのPush通知の設定をします。

(3-2) アプリへp12証明書を登録

Push通知の設定の際にp12証明書をアップロードします。

(4) プロビジョニングプロファイル設定

下記の記事がとても参考になりました。
http://blog.hrendoh.com/implement-apple-push-notification-service-on-ios-application/

トラブルシューティング

キーチェーンアクセスで「この証明書の発行者は無効です」と出たとき
http://www.ipentec.com/document/document.aspx?page=mac-os-x-expired-apple-worldwide-developer-relations-certification-authority

コメント

No comments yet.

コメントの投稿

改行と段落タグは自動で挿入されます。
メールアドレスは表示されません。

 


人気記事 はてなブックマーク

この日記のはてなブックマーク数